平成28年度 平成立石病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 38 86 124 234 384 721 1111 1246 383
当院は平成14年に開院し、「地域の救急、急性期医療において安全・確実な質の良い医療を提供する」という目標を掲げ、地域の中核病院として医療の提供を行っています。2017年4月に180床から203床に増床し、年々入院患者数が増加傾向にあります。
この集計はDPC対象患者年齢を10歳刻みで 集計したものです。
年齢区分に比例して患者数が増えているのがわかります。90歳代以降は減少していますが、全体から見ると70代~80代の割合が多くなっています。当院は小児科の標榜がないため10歳未満の患者さんはいませんでしたが、10代から90代以上と幅広い年代の患者さんが退院していることがわかります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 194 20.08 21.25 11.34% 84.91
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 95 15.27 16.54 28.42% 70.77
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 75 5.15 5.24 0.00% 69.65
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2なし 36 42.19 41.29 41.67% 84.75
1300380xxxxxxx 体液量減少症 34 7.82 9.33 8.82% 76.44
当診療科は一般内科に加え、消化器内科、呼吸器内科、神経内科の専門医がおり、肺炎に関しては呼吸器内科医、脳梗塞は神経内科医が主に診療を行っています。
当院では脳卒中患者さんを積極的に受け入れております。その中でも脳梗塞は早期に治療を行うことが効果的とされています。救急隊と連携をとりながら診療にあたっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 9.48 11.06 2.17% 81.61
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 45 8.44 7.89 4.44% 67.27
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 9.19 9.08 14.29% 74.79
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 7.50 7.44 2.78% 62.61
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 35 10.43 9.19 0.00% 65.54
最も多い疾患は胆管結石・胆管炎でステント留置術等を施行した患者さんです。次いで大腸の憩室炎・憩室出血の手術なし、ヘルニアの手術なしとなっています。
胆管結石に関しては全国平均の在院日数より短い日数となっており、早期退院を実現しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 121 28.26 27.63 58.68% 82.77
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 42 22.00 20.57 35.71% 82.00
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 13 19.15 20.45 23.08% 81.85
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 13 8.77 15.97 53.85% 88.77
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 9.15 11.16 0.00% 70.23
整形外科で最も多い入院は、大腿骨骨折(手術あり)でした。高齢化社会に伴う高齢者の骨折が多く、半数以上がリハビリ目的で回復期の病院へ転院しています。そのため、入院時からメディカルソーシャルワーカー(MSW)が介入し、診療科の垣根を越えて医師同士連携をとり、全身管理を行いつつ、早期離床、早期社会復帰をを目指します。
また骨折の他にも、脱臼などの外傷、退行性変化に伴う諸疾患や、関節リウマチ、スポーツ外傷なども含め整形外科領域全般に対応しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 5.37 7.52 1.92% 72.56
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 11.91 9.87 10.64% 70.77
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 16.67 16.54 16.67% 70.33
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 31.23 22.05 86.36% 68.64
010040x199x01x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 22 34.14 33.91 63.64% 71.23
当院脳神経外科は葛飾区のみではなく隣接する区の基幹病院として主に脳卒中、頭部外傷の治療にあたっています。
頭部外傷とは(急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、脳挫傷、慢性硬膜下血腫など)を指し血管内も含めた外科的手術および内科的な加療を行っています。脳梗塞は内科(神経内科)と脳神経外科の2つの診療科で対応しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 65 4.37 5.83 0.00% 60.31
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 60 9.42 12.43 5.00% 77.97
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし 36 2.92 5.25 0.00% 45.72
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 28 7.07 8.83 0.00% 66.07
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 27 7.26 7.44 0.00% 72.89
当院の泌尿器科では上部尿路結石、尿路感染症が多い疾患となりました。
近年日本人の尿管結石患者の罹患率は過去40年間持続的に上昇しており、当院でも増加傾向にあります。尿路結石の治療方法は保存的な治療と積極的な破砕治療があります。保存的治療では経過観察や飲水、排石促進剤で自然排石を待ちます。
破砕治療では当院で最も行われている体外衝撃波破砕術(ESWL)や経尿道的尿路結石除去術(TUL)などがあります。
上部尿路結石、尿路感染症ともに全国平均より短い在院日数での退院となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 - - 20 19 - 1 7
大腸癌 - 14 - - 29 - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
UICCが定めた腫瘍の病期分類から、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を表したものがStage分類です。この指標では、当院で入院治療を行った5大癌のStage分類毎の患者数を示しています。当院では胃癌、大腸癌の他にも消化器系の悪性腫瘍や泌尿器系の悪性腫瘍に対しても外科的手術や化学療法、疼痛コントロールなどの治療を行っています。
(10未満は‐表示にしています)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 32 10.38 65.38
重症 20 23.35 80.05
超重症 14 22.79 83.79
不明 - - -
重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類したものです。
重症度が上がるほど在院日数が伸びる傾向が見て取れます。また、高齢者ほど重症度が高くなる傾向があります。
(10未満は‐表示にしています)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 47 4.91 74.13 2.08%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 384 25.17 75.63 36.72%
その他 19 16.05 70.74 1.74%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
医療資源を最も投入した傷病名が脳虚血性疾患を対象とし、発症から入院までの日数別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
当院ではI63$(脳梗塞)に分類される患者さんの割合が高く、そのほとんどが発症から3日以内でした。脳梗塞の急性期治療を終了した患者さんのうち約3~4割はリハビリ目的のため、系列のリハビリ病院または近隣の医療機関へ転院しています。
(10未満は‐表示にしています)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 140 0.24 1.44 0.00% 65.99
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 18 20.00 25.06 72.22% 84.67
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 2.69 22.85 0.00% 82.46
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 11 28.27 38.91 45.45% 82.55
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 - - - - -
大腸ポリープは大きく分けて、がんとは関係ない過形成性ポリープと、主にがんの芽といわれる腺腫性ポリープに分かれます。基本的に、過形成性ポリープは治療の対象とはなりません。癌化する可能性がある腺腫性ポリープはポリープ切除の対象となります。内視鏡的結腸ポリープ切除術は1泊2日の入院での治療が可能な手術です。
3番目の内視鏡的胆道ステント術ですが、外科よりも術前日数、術後日数、転院率が長くなっています。これは、合併症のリスクが多い方や、抗凝固剤を服薬している方のコントロール目的のために、日数が長くなっています。患者さんの既往や疾患にあわせて、安全に手術を行う準備をしています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 54 1.28 4.33 0.00% 68.91
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 53 0.43 1.53 0.00% 68.40
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 51 1.71 8.08 1.96% 81.92
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 32 3.38 6.69 3.13% 58.69
K654 内視鏡的消化管止血術 20 0.40 13.35 10.00% 70.05
鼠径ヘルニア手術はクリニカルパスを用いて効率的な無駄のない治療をおこなっています。日数は5日間と設定しており、術前日数、術後日数を比較しても、概ねパス通りに診療が行えています。
内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的結腸ポリープ切除術は内科、外科双方の診療科で対応が可能です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 81 3.10 24.86 55.56% 82.89
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 57 3.25 24.89 49.12% 81.25
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 21 2.05 11.14 4.76% 66.48
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 12 1.75 12.33 0.00% 48.75
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 - - - - -
整形外科では、骨折観血的手術が最も多く、主に高齢者の大腿骨骨折や上腕骨骨折に対して行われています。
人工骨頭挿入術は股関節の大腿骨頭が損傷し、骨頭を保存しての治療が難しいときに行います。どちらの術式も術後は退院に向けリハビリを行っているため、術後の平均日数が長くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 30 1.73 25.77 30.00% 79.27
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 16 2.06 25.88 25.00% 64.56
K164-4 定位的脳内血腫除去術 - - - - -
K1772 脳動脈瘤頸部クリッピング 2箇所以上 - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの - - - - -
診断群分類別患者数で頭部外傷が上位にあったように、それに関連する手術が慢性硬膜下血腫除去術と脳内血腫除去術、頭蓋内血腫除去術です。頭部外傷の治療は1分1秒でも早い治療が最も大切で、手術に至るまでの時間が早ければ早いほど生命的および機能的予後は良好となります。そのため手術部、麻酔科医との連絡を綿密として可能な限り早期の手術を可能にしています。
脳動脈瘤クリッピング術は脳動脈瘤に対して行われるものであり、24時間いつでも手術が行える体制を整えています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 75 0.55 1.16 0.00% 56.07
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 65 0.55 3.38 1.54% 60.42
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 25 0.32 6.00 0.00% 72.24
K7981 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術 18 0.17 2.56 5.56% 68.11
K8412 経尿道的前立腺手術 その他のもの 17 0.82 7.24 0.00% 71.71
泌尿器科で最も多い術式は腎結石・尿管結石に対して行う体外衝撃波破砕術(ESWL)です。一度で砕石できない場合は繰り返し行うこともあります。
また2番目の経尿道的尿路結石除去術(TUL)も腎結石や尿管結石に対して行う手術です。ESWLは1泊2日での入院で行えるものであり、患者さんのご都合や結石の状態によって術式を選択しています。
3番目に多い術式は膀胱がんに対する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 12 0.28%
180010 敗血症 同一 11 0.25%
異なる 13 0.30%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.30%
異なる - -
敗血症は、肺炎や腎盂腎炎など感染症を起こしている場所から血液中に細菌が入り、重篤な全身症状を引き起こす病気です。播種性血管内凝固症候群(DIC)は、種々の基礎疾患のもとに何らかの因子が引き金となって微小血管内に多発の微小血栓を引き起こすことで血小板や凝固因子を使い果たし過度の出血状態をを引き起こします。
手術処置等の合併症は、人工股関節の脱臼や術後の出血等が含まれます。
入院契機が異なるということは、別疾患の治療目的で入院した患者さんが入院中に発症して主に上記疾患の治療を行ったということになります。
厚生労働省による平成26年度のDPC対象病院全国平均は、播種性血管内凝固症候群「0.17%」、敗血症「0.56%」であり、当院は全国値とを比べ、敗血症は全国平均以下でしたが、播種性血管内凝固症候群に関しては上回る結果となりました。
臨床上ゼロにはなりえないものですが、少しでも改善できるよう努めます。
(10未満は‐表示にしています)
更新履歴